白髪染め

白髪染め

白髪染めにも沢山の種類やカラーがありますよね。サンプルを見ながら、どの色にしようか悩んでしまうほどです。

 

昔は、黒や茶色がメインでしたが、技術の進歩で白髪染めではできなかったカラーも再現できるようになりました。

 

しかし、その白髪染めですが、毛髪の内部に浸透させる性質があるために毛髪にダメージを与えてしまう結果になってしまいます。

 

 

 

毛髪の命であるキューティクルを剥離して、その内部に染料を染み込ませるのです。しかし、それより怖いのは、頭皮のダメージです。

 

白髪染めに使用される成分には、アレルギー反応を引き起こす成分が含まれています。染料に含まれるジアミン系化合物がそうです。

 

この成分のアレルギー反応として、頭皮や毛髪の生え際などに、かぶれやかゆみ、発疹、腫れなどを引き起こし、最悪は、呼吸困難になる人もいるくらいです。

 

 

 

その日の体調で、いつも使っている白髪染めを使用した所、アレルギー反応が起きた。という報告もあります。

 

必ず説明書を読んで、パッチテストを行ってから白髪染めを行うようにしましょう。白髪染めの使用にも注意が必要です。

 

説明書をよく読んで使用し、白髪染めを行った後は、必ずしっかりと洗い流す事が重要です。

 

 

頭皮に優しいアレルギー成分の少ない白髪染めを使う事も大切ですし、白髪染めに自信が無ければ、美容室で白髪染めをお願いする事で、仕上がりに満足する事でしょう。

 

白髪染めは毛髪に色を付けるだけではなく、仕上がり次第で若く見えたり、余計に年を取ったように見えたりします。

 

自分に合ったカラーを使用するように心がけましょう。