知っておきたい!カラー&パーマの本当のこと

白髪と紫外線

白髪と紫外線は深い関係があります。地上に降り注ぐ紫外線は、UV−A波、UV−B波の2種類です。

 

UV−C波という紫外線もありますが、この紫外線は、オゾン層によって遮断され、地上に届く事がありません。

 

このUV−A波とUV−B波ですが、強力なパワーを持つUV−A波は、肌を赤くしてしまうほどです。

 

 

 

それに対してUV−B波は、それほど強力ではありませんが、このUV−B波は、細胞の奥まで浸透する厄介な性質を持っています。

 

細胞の奥まで到達すると言う事は、毛髪を作る細胞にも影響がある。と言う事です。毛髪の大敵である紫外線。

 

この紫外線を防ぐためにも、紫外線カット成分の入った日焼け止めを使用しましょう。

 

 

 

毛髪にも使えるタイプもありますので、毛髪用の日焼け止めを使えない場合は、こちらの方で代用する事も可能です。

 

帰宅したら、すぐに日焼け止めをしっかり洗い流すようにしないと、日焼け止めの成分が毛穴に詰まって逆効果になるので注意しましょう。

 

帽子や日傘も有効な手段ですが、帽子をかぶる際に気を付けなければいけない事があります。帽子をかぶって外出すると、帽子の中は高温多湿の環境になります。

 

 

 

汗も多くかくので、皮脂が流れ出して毛穴に溜まります。その汗が蒸発すると、毛穴に残ったのは皮脂だけです。

 

この皮脂が毛穴に詰まると、毛髪の健康を著しく低下させ、毛髪の寿命を低下させてしまいます。

 

帽子をかぶる時には、定期的に換気させるなどし、帰宅後は、皮脂が固まらないうちに、洗い流す事が大切です。

 

1日に何度もシャンプーするのも皮脂が取れすぎて乾燥の原因にもなるので、注意してくださいね。