ふんわりニュアンスを楽しむパーマ

ふんわりニュアンスを楽しむパーマ

真っ直ぐなストレートもいいけれど、ふんわりカールで動きのあるニュアンスを楽しむスタイルも魅力的ですね。子どもの頃はパーマに憧れたなという思い出のある方も多いでしょう。

 

 

 

今流行のへアを手に入れるのにパーマは絶対かかせません。しかしパーマもカラーリング同様、髪を傷めやすいと言われています。これからパーマをかけたいと思っている方も、今実際かかっている方も、是非見ていただきたい。パーマのメカニズムや、なぜダメージを受けやすいと言われているのか、最新のパーマ事情などについてご紹介いたします。

 

 

 

パーマとは何かをまず先に説明するならば、パーマとはパーマネントウェーブの略語で、持続性のあるウェーブという意味です。熱や薬剤などで人工的にウェーブを作り出すことを指します。

 

 

 

パーマの歴史は以外に古く、驚くなかれ、紀元前から行われいたという説もあります。紀元前のギリシアで、泥のようなものを髪に塗り、木の枝に巻いてウェーブを作っていたそうです。