カラーリングは出来るだけ美容室を利用して

カラーリングは出来るだけ美容室を利用して

カラーリングは美容室も、もちろん市販のカラーリング剤を使用すれば自宅でもできます。
手頃な値段で自分の好きな時間に出来る、ということもあり自分で行う人も多いですが髪の事を考えるのであればあまりおススメは出来ません。
と言うのも、髪の毛を染めるという目的は同じですが、やはり美容室でプロに任せた方が確実ですし、ダメージなども出来るだけ軽減されるように工夫されています。
その一方、市販のカラーリング剤は素人が見様、見真似で行い、ダメージの事まで考える余裕すらありません。
少々高くてもプロに任せるのが1番無難ですね。

 

カラー後のケアでも差は出ます。
美容室では何度も洗いますが、あれは髪についた薬を流しているのと同時に頭皮にも薬が残らないように専用のシャンプーで洗っているのです。
薬が残ると頭皮を傷めてしまう原因になるので、必ず落とす必要があります。
しかし市販のカラーリング剤は、そこまで考えられていない事がほとんどです。
例えシャンプーをしたとしても、美容室のようにはいきません。

 

美容室と市販のカラーリングとでは、かなりの差が出てしまいます。
しかし、それでも市販のカラーリング剤を使用するのであれば必ず注意しなければいけないことがあります。
事前にパッチテストを行う事、薬が付きそうな顔の周りにクリームを塗っておく事、説明書をよく読んで内容を守る事、伸びた部分だけ染めて出来るだけ負担を軽くする事、です。
また、頭皮に傷や痒みがある場合はやらないのが鉄則となります。