骨盤矯正で真っ直ぐ伸びる足に!

骨盤矯正で真っ直ぐ伸びる足に!

すらりと真っ直ぐに伸びた足、女性なら誰でも憧れますよね。

 

しかし日本人の大半がO脚で悩んでいます。O脚と言うのは、爪先を真っ直ぐにして立ったとき、かかと・くるぶし・ふくらはぎ、ひざ、太もものどこもくっつかない状態の足を指します。O脚になる原因としては生まれたときからの構造的な問題と、姿勢の問題とに分けられます。

 

姿勢の問題、そうです、骨盤などの骨格の歪みがO脚に大きく関係しているのです。小さい頃、大人の真似をして足を組んで座ると、大人に「O脚になるよ」と言われた記憶ありませんか?これ、本当なんです。足を組むという姿勢は骨盤を歪ませる大きな原因の一つです。骨盤が歪むと、左右の股関節までずれてしまいます。

 

股関節がずれてしまうと、自然に大たい骨が外向きにずれてしまいます。そうするとひざや足首などの関節がすべて外向きになってしまいます。
真っ直ぐ前を向いていなければならない足が、どんどん外側へ向くようになり、結果O脚になります。骨盤矯正をすることによって、姿勢によって作られたO脚を治すことができます。