カラーリング番外編 へナ

カラーリング番外編 へナ

髪を染める方法として、最近ナチュラル志向の人に人気が高いのがヘナ(ヘンナ)です。ヘナとは植物の名前で、古代から染料として使われてきたハーブの一種です。

 

 

 

エジプト、アフリカ、インドなど乾燥した水はけのいい土地で生育します。葉を乾燥させたものを粉にして、それを水で溶いて使います。ヘナに含まれる赤色の色素がたんぱく質に絡みつく成分をもっているため、古くから髪や眉、爪などの染色やペイントに使われてきました。

 

 

 

ヘナは髪を染めると同時に、髪にもとてもいい成分が含まれているんです。頭皮と髪の毛を健康に保ち、フケやかゆみを予防、紫外線からも髪を守ってくれるといわれているんですよ。

 

 

 

天然成分なので髪が痛む心配はまったくありません。安心して使っていただけます。ただ自然のものだということで、色が入りにくい、染まるのに時間がかかるなど、個人差もかなりあるそうです。

 

 

 

中には時間短縮のため、化学成分が含まれているものもあるので、表示をよく見て選んでいただく必要があります。