カラーリングのメカニズム5

カラーリングのメカニズム5

またアレルギー反応を起こす可能性もほとんどありません。デメリットとしては、やはり色が長持ちしないということを一番にあげられます。そして色もカラーリングほどきれいにでません。

 

 

 

黒髪だと特に色が出にくいと言われています。染料が地肌や頭皮につくと取れにくくなります。シャンプーなどで色が落ちてしまいますので、まれに襟元やバスタオル、枕に色がついてしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

 

B一時染毛剤(スプレー、マスカラタイプのもの) 一時染毛剤とは、主に顔料などが染料として使われており、一時的に髪の表面に染料を付着させるものです。髪の内部には一切浸透しなので、シャンプーで簡単に取れてしまいます。ですから髪へのダメージはまったくありません。

 

 

 

メリットはもちろんその手軽さ。思い立ったときにすぐできるので、ちょっとした髪のアクセントに、白髪隠しにちょうどいいですね。しかし水に弱いので、汗や雨などで濡れると色落ちしてしまいます。間違って衣服などに色が付着しないよう注意しなければいけません。