カラーリング時の注意点

カラーリング時の注意点

カラーリングは、今の私たちにとっては外せないものとなっています。カラーリング剤はドラッグストアでも簡単に手に入りますし、サロンでもしてもらえます。ただ、髪の色を変えるということは化学薬品を髪に浸透させていくわけで、肌トラブルや副作用などを起こす場合もあるとうことを忘れてはなりません。

 

 

 カラーリングにより受ける影響としては、以下のようなものがあります。枝毛や切れ毛、抜け毛、髪のぱさつきやごわごわ感などです。一度なってしまったら回復まで時間を要するので、ならないように細心の注意をしましょう。特に自分でカラーをする場合です。髪に液を塗って時間を置き、洗い流すだけですが、きちんと洗い流せていなかったり、顔についてヒリヒリしたりとトラブルも起きる可能性が十分にあります。

 

 

説明書をきちんと読んで、万全に準備をしておけば安心です。液を髪につける前に、パッチテストは必ず行いましょう。敏感肌の人は、肌がかぶれたり、かゆみを伴って腫れるということもまれにあります。パッチテストで事前にチェックしておくことで、カラーリングした際に起きるトラブルを避けることができます。

 

 

 また、サロンでよく言われることですが、カラーリングとパーマを同時にするのはやめましょう。一度で済むから楽でいいと思ってしまいますが、同時にすると髪と頭皮に多大なダメージを与えてしまうことになります。日にちを空けて行うようにしましょう。カラーリング剤が残っていると、パーマはかかりにくくなります。また、カラーも色が退色してしまうことがあります。

 

 

 カラーリングは自分のイメージを簡単に変えることができるので、私たちにとって欠かせないものとなっています。髪のことをいたわりながら、カラーリングを楽しむようにしましょう。