妊娠中のカラーリングについて

妊娠中のカラーリングについて

カラーリングする時は、体調が優れないときは控えなければいけません。女性であれば、生理中はホルモンのバランスが崩れやすいので注意が必要です。これは、カラーリングの時にだけではなくて、エステなどでも言われることです。では、妊娠している時のカラーリングは、おなかの赤ちゃんに影響があるのでしょうか?

 

 

 今現在では、妊娠中のカラーリングは赤ちゃんに悪影響はないとされています。お母さんとしては、髪の毛も気になるけど、我が子によくない薬液が流れていってしまったらと思うと怖くなることと思います。もし、薬液が胎盤を通って赤ちゃんに触れたとしても、量を考えると赤ちゃんに異常が出ることはまずないようです。

 

 

 薬の影響についてみていきましたが、実際はおなかの大きくなったお母さんが美容院で辛い体勢をするのだけは気をつけなければいけません。髪を洗ってもらうときは、おなかが大きいと仰向けが苦しい時があります。また、長時間同じ体勢も辛いです。美容師さんに理解してもらったうえで、施術してもらうと安心です。また、体勢以外にも、薬液の匂いで気分が悪くなることもあります。妊娠中の女性の体は、予想もしていないようなことが起こり得ます。きちんと自分の体調を知って、美容院に行く必要があります。

 

 

また、頭皮が敏感になっていると、薬液をつけることで染みたりすることもあります。かゆみが出ることもあります。この場合も、美容師さんにすぐに伝えるようにしましょう。

 

そのまま我慢していると、体によくありません。妊娠中のカラーリングは、そこまで慎重にならなくていいとはいうものの、その時の体調が肝心ということです。無理のない範囲で、カラーリングを楽しみましょう。