カラーリングによるダメージ

カラーリングによるダメージ

カラーリングによって、髪が傷んでしまうのは事実です。でも、女性にとってカラーリングはおしゃれの一つですし、一度すると次からは伸びてきた分、カラーリングすることになります。髪へのダメージを配慮しながら、カラーリングを楽しむことが大切です。

 

 

 

 まず、カラーリングの種類について。一般的によく知られているのには、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ブリーチがあると思います。この中で一番ダメージが少ないものは、ヘアマニキュアになります。逆にダメージが大きいのは、ブリーチになります。

 

 

 

 では、これらの違いはなんなのでしょうか?それぞれの特徴について簡単に説明すると、ヘアカラーは髪を脱色しながら色を浸透させていきます。ヘアマニキュアは、脱色することなく、髪の表面だけをコーティングするものです。そして、ブリーチは脱色し、髪の色を明るくする効果があります。

 

 

 

 脱色というのは、髪へのダメージはとても大きいです。そのため、これを繰り返していると髪がぱさぱさになったり、ツヤがなくなり、もつれやすくもなります。色が長く持続してくれますが、髪への負担もかなり大きいということがいえます。

 

 

 

よって、あまり頻繁にカラーリングするのはおすすめできません。集中的にトリートメントをしたり、毎日のケアで傷みを補修するようなケアを行うのは効果的です。何もしないよりは、全然違います。最近では、頭皮や髪にやさしいカラーリングも出てきています。見た目も気になりますが、自分の髪の調子を見てカラーリングは行うようにしましょう。ひどく傷んでしまう前にケアをすることが大切なのです。